カードローンの即日融資を受けられるまでの時間は

カードローンのニーズを高めた即日融資のサービスですが、実際に融資を受けるまでにはどのくらいの時間を必要とするのでしょうか。
融資時間の一つの決め手になるのが審査のスピーディーさです。
最近では消費者の申込み内容をコンピューターによる自動スコアリングで点数化するようになっているので、以前と比べると審査時間は大幅に短縮されています。
各社で審査結果の連絡までの時間は異なりますが、早くて30分と謳っている金融会社が多いようですね。
しかし、余裕を持ちたいので1時間は見ておいた方が安心でしょう。

最短30分は何の問題もなくスムーズに審査をクリアし、なおかつ他の申し込み者がいないため順番待ちをすることなく受けられた場合です。
給料日前や休日前になると申込者が殺到する可能性も高いので、月末や週末に申し込みをする場合は1時間よりもさらに余裕を見ておきたいところです。
また、万が一申込み不備などがあると審査落ち、もしくは申込みのし直し、確認などで手間取ってしまうので消費者自身も申し込み情報の記入には注意してください。
こういったミスは案外少なくありません。
これらを考慮すると、申込みから融資までには比較的スムーズにいっても2時間は必要と考えられます。
さて、何故ここまで審査時間にこだわるのかと言うことですが、実は、即日融資を受けるための申込み締切時間が設けられているためです。
ネットからの申込みだと、融資方法は銀行振り込みになるため、銀行の営業時間15時までに間に合わせなくてはなりません。
となれば必然的に申込み時間が限られてしまうのです。

金融会社ごとに締め切り時間は異なりますが、銀行の営業時間から逆算して大体14時締め切りとなっています。
これは14時までに申し込みが完了していればいいというわけではなく、14時までに審査結果の連絡を受け、身分証明書の確認まで終了し、あとは融資をするのみという段階まで持っていっておく必要があります。
そのため、14時締切とはいえ、余裕を持って申込みをしたいわけですね。
もし締め切り時間を超えてしまうと融資は翌日に持ち越されて、即日融資とはなりません。
ただ一つ対策があるのですが、これはインターネットからの申込みに限られる締め切り時間なため、こちらの時間が過ぎてしまった時には無人契約機を使うことで即日融資を受けられる可能性はまだあります。

無人契約機とは、街の片隅に設置されているカードローンの契約機のことです。
そう広くはない箱の中に契約機のみが存在し、無人空間でオペレーターとつないで契約を交わしますが、防犯カメラはついていますので完全無人というわけではありません。

中に入ったことはなくても外観を目にしたことくらいはあるでしょう。
こちらなら金融会社の営業時間内であれば融資まですることができるため、早くて17時までですが、遅くて24時まで営業している金融会社もありますので高確率で即日融資が可能となります。

Comments are closed.