即日融資のカードローンの利用者層

サラリーマンのために誕生したカードローンですが、サラリーマン以外の方も利用しているでしょう。
現在はパート、アルバイト、自営といった方も対象となっているため、サラ金(サラリーマンローン)という呼び名は使われなくなりました。
カードローンのほとんどは即日融資対応となっており、午前中に申し込み手続きをすることで、即日融資が可能となります。

どんなひとが利用しているのか?

利用者の約75%は男性となっており、年齢層は30代~50代が多くなっています。

cardloan2子どもの教育費、住宅の購入、リフォーム費用など、いろいろとお金がかかる年代なので、ローンの利用者も増えるのでしょう。
年収に関しては、サラリーマンの平均レベルくらいの方が多くなっており、平均すると400万円くらいですが、年収200万円未満の方でも利用者がおりますので、年収が少ないからと諦める必要はありません。

用途は20代のころは趣味・娯楽に使うことが多いですが、30代以降になると生活費の補助、付き合いに使われる方が増えてきます。
借入額は昔と比べるとかなり少なくなっており、10万円~100万円程度となっています。

複数社からの借入額を合計すると150万円以上になる方も多いですが、1社あたりの借入額としては10万円~50万円程度となっています。
昔は10社から合計500万円借りているという方もいましたが、総量規制が誕生した現代ではほとんどおりません。
カードローンには無利息期間を設けているローンもあり、期間はほとんどが30日間です。
30日間は利息なしなので、期間内ならば元金の返済だけでOKです。

1回だけ借りて返済したら、もう次回からは借りないという方は、無利息期間のあるローンをおすすめします。
長期的に利用される方、まとまった金額を借りたい方は、第一に金利にこだわるべきでしょう。
短期借入・少額融資の場合は、高金利でもあまり実感できませんが、100万円を借りて3年間で返済していくような場合ですと、少しの金利が大きな意味を持ちます。
カードローン業者のホームページには、金利別に月々の返済額・返済期間をシミュレーションできるコーナーがあるので、こちらを利用して返済プランを立てていきましょう。

金利にこだわらなくてよいのは、10万円を借りて1週間後に返済するという方です。
金利数%の違いはほとんど感じないので、金利よりも借りやすさで選ばれるといいでしょう。
借りやすい金融機関の筆頭は消費者金融であり、審査が厳しくなるのは銀行です。
銀行は消費者金融と比べてかなり金利は低いですが、借入期間が数週間くらいならば、ほとんど違いはないでしょう。
即日融資のカードローンは、完済後も解約せずに持ち続けている方が多いです。
24時間・365日いつでもATMで借りられるので、便利さを味わうと手放せなくなってしまうのでしょう。
フリーローンなどのカード不要で借りられるローンと比べても利便性は高く、リピーターが多いローンでもあります。